新しくビジネスを始めるときには多くの手続きや準備が必要です。さまざまな機関へ書類の提出や届け出を行い、口座を開設したり定款や印鑑を作ったりと多岐にわたり時間も手間もかかります。そんな時、自分の会社に適したOA機器の導入まで行ってくれる業者があるのは非常に効率がよく便利です。

OA機器OA機器とはオフィス・オートメーションの略であり、コンピューター技術やさまざまな技術を用いて自動化や電子化を実行し、手作業で行っていた事務作業を効率化することです。また、日本におけるリースとは、企業が選んだ機器をリース会社が代わりに購入してその企業に対して期限付きで有料で貸し出すことです。リースには2種類あり、ファイナンス・リースも増えてきましたが主流はオペレーティング・リースです。オペレーティング・リースは企業の希望に合った新品のみを扱い、契約年数も長期間が多くなります。料金は月払いで機器の価格以外にリース料金も含まれるため、総額でみると現金一括払いよりは割高です。

リース以外にもレンタルでOA機器を導入する方法もありますリースとレンタルには期間や月々の支払い料金などの違いもありますが、所有権はリース会社やレンタル会社になることや費用を経費に計上できるなど共通点もあります。

現在、起業やOA機器の買い替えの際にリースを利用する会社も多く存在します。OA機器のリースの特徴やレンタルとの違いから、リースされることが多いコピー機についてまで説明します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket