OA機器のなかでもコピー機はオフィスに必須です。現金一括払いで長期利用なら総額で購入の方がお得と言われますが、最近の複合機の意味合いももつコピー機は本体価格が100万を超えるものもあり現金一括購入はなかなか難しいです。中古で安いコピー機を購入しようとすると故障やメンテナンスの面で不安がでてきます。では新品で最新のコピー機を月々の支払いを安く借りられるコピー機のリース契約を検討するのはいかがでしょうか。

料金月々のリース料金には印刷速度の速さと印刷枚数が影響します。印刷速度が速く1分間で印刷できる枚数が多いほどリース料金が高くなります。印刷枚数はカウンター料金にも関わりますし、コピー機は故障もするので保守契約の内容も重要です。一般的にリースのコピー機にかかる月々の費用は、本体価格としてのリース料金保守料金から成ります。

コピー機を導入した会社にコピー機の所有権はありません。そのため固定資産税の支払いや減価償却の手続きなどの事務手続きは一切行う必要はありませんが、買い替えや処分を自由にすることはできません。リース契約は途中解約をしようとすると違約金が発生し、その金額もリース終了まで借りる総額より安くなることはありません。

リースの利用には自分の会社のコピー機にどんな機能が必要か、保守契約はどんな内容でどこの業者が来るのかなど契約前に細かく納得がいくまで確認すること欠かせません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket