OA機器を購入以外で入手する方法にはリースとレンタルがあります。両方ともよく耳にしますが、それぞれの特徴と違いはどうなっているでしょう。

契約希望している最新機器を長期間安く使いたいならば、ファイナンス・リースが適しています。ただし、途解約ができないことが多く契約期間中に解約すると違約金が発生します。希望の機種がなくてもいいし多少古くてもいいから長く安く使いたい、場合によっては契約終了後買取りも考えているならば、オペレーティング・リースが適しています。リースはどちらも導入の初期費用が安く抑えられますが、契約には審査があります。
中古でいいし機器の種類にも年式にもこだわらないから短期間のみ利用したいなら、レンタルが適しています。解約はいつでもできますが、月々の支払い額がリースより高額です。契約に審査は必要ありません。

リースとレンタルの共通点は、月々の支払いを経費に計上できることと、所有権はリース会社とレンタル会社にあることです。そのため、購入すると生じる固定資産税の支払いや事務処理などはリース会社やレンタル会社が行うのでOA機器を借りた会社には発生しません。

どんなOA機器を借りるかによっても契約条件や料金が違ってきます。それぞれの入手方法の特徴とともに、会社にどんなOA機器が必要なのかや、利用期間とコストなどを冷静に判断して選びましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket