コピー機のリース

OA機器のなかでもコピー機はオフィスに必須です。現金一括払いで長期利用なら総額で購入の方がお得と言われますが、最近の複合機の意味合いももつコピー機は本体価格が100万を超えるものもあり現金一括購入はなかなか難しいです。中古で安いコピー機を購入しようとすると故障やメンテナンスの面で不安がでてきます。では新品で最新のコピー機を月々の支払いを安く借りられるコピー機のリース契約を検討するのはいかがでしょうか。

料金月々のリース料金には印刷速度の速さと印刷枚数が影響します。印刷速度が速く1分間で印刷できる枚数が多いほどリース料金が高くなります。印刷枚数はカウンター料金にも関わりますし、コピー機は故障もするので保守契約の内容も重要です。一般的にリースのコピー機にかかる月々の費用は、本体価格としてのリース料金保守料金から成ります。

コピー機を導入した会社にコピー機の所有権はありません。そのため固定資産税の支払いや減価償却の手続きなどの事務手続きは一切行う必要はありませんが、買い替えや処分を自由にすることはできません。リース契約は途中解約をしようとすると違約金が発生し、その金額もリース終了まで借りる総額より安くなることはありません。

リースの利用には自分の会社のコピー機にどんな機能が必要か、保守契約はどんな内容でどこの業者が来るのかなど契約前に細かく納得がいくまで確認すること欠かせません。

リースとレンタルの違い

OA機器を購入以外で入手する方法にはリースとレンタルがあります。両方ともよく耳にしますが、それぞれの特徴と違いはどうなっているでしょう。

契約希望している最新機器を長期間安く使いたいならば、ファイナンス・リースが適しています。ただし、途解約ができないことが多く契約期間中に解約すると違約金が発生します。希望の機種がなくてもいいし多少古くてもいいから長く安く使いたい、場合によっては契約終了後買取りも考えているならば、オペレーティング・リースが適しています。リースはどちらも導入の初期費用が安く抑えられますが、契約には審査があります。
中古でいいし機器の種類にも年式にもこだわらないから短期間のみ利用したいなら、レンタルが適しています。解約はいつでもできますが、月々の支払い額がリースより高額です。契約に審査は必要ありません。

リースとレンタルの共通点は、月々の支払いを経費に計上できることと、所有権はリース会社とレンタル会社にあることです。そのため、購入すると生じる固定資産税の支払いや事務処理などはリース会社やレンタル会社が行うのでOA機器を借りた会社には発生しません。

どんなOA機器を借りるかによっても契約条件や料金が違ってきます。それぞれの入手方法の特徴とともに、会社にどんなOA機器が必要なのかや、利用期間とコストなどを冷静に判断して選びましょう。

リースの種類

オフィスを働ける状態に整えるのは一苦労です。コピー機や電話、パソコンなど必要なOA機器の特徴や最新型などを全て自分で調べて、店舗へ出向いて選んで購入するのは非常に時間がかかります。近年一般的となっているコピー機などのOA機器のリースとはどんなシステムなのでしょう。

リースリースとは、企業が希望する機器をリース会社が購入して一定期間企業に有料で貸し出すことです。リースにはファイナンス・リースとオペレーティング・リースがあります。ファイナンス・リースは新品で最新の機器を扱っており、長期契約のため途中で解約すると解約違約金が発生します。オペレーティング・リースは過去にリースした商品をリースするためファイナンス・リースに比べて月々のリース料金が安く契約期間も自由に設定でき、契約終了後には買取りや返却を選べます。ただし、一度リースした機器のため希望のOA機器の要求が通りにくいことや老朽化による早めの故障に注意が必要です。以前はファイナンス・リースが主でしたが、2008年の新リース会計基準適用以降、オペレーティング・リースの利用も増加傾向にあります。

移転や企業時の忙しいなか、最新のOA機器も選べるOA機器のリースを利用することにより、効率よく起業の準備や業務を進めることが可能です。

OA機器のリース

新しくビジネスを始めるときには多くの手続きや準備が必要です。さまざまな機関へ書類の提出や届け出を行い、口座を開設したり定款や印鑑を作ったりと多岐にわたり時間も手間もかかります。そんな時、自分の会社に適したOA機器の導入まで行ってくれる業者があるのは非常に効率がよく便利です。

OA機器OA機器とはオフィス・オートメーションの略であり、コンピューター技術やさまざまな技術を用いて自動化や電子化を実行し、手作業で行っていた事務作業を効率化することです。また、日本におけるリースとは、企業が選んだ機器をリース会社が代わりに購入してその企業に対して期限付きで有料で貸し出すことです。リースには2種類あり、ファイナンス・リースも増えてきましたが主流はオペレーティング・リースです。オペレーティング・リースは企業の希望に合った新品のみを扱い、契約年数も長期間が多くなります。料金は月払いで機器の価格以外にリース料金も含まれるため、総額でみると現金一括払いよりは割高です。

リース以外にもレンタルでOA機器を導入する方法もありますリースとレンタルには期間や月々の支払い料金などの違いもありますが、所有権はリース会社やレンタル会社になることや費用を経費に計上できるなど共通点もあります。

現在、起業やOA機器の買い替えの際にリースを利用する会社も多く存在します。OA機器のリースの特徴やレンタルとの違いから、リースされることが多いコピー機についてまで説明します。